出来ること、出来ないこと

遠方からの作業依頼が可能

当社の誓い

営業エリア本中にお伺いします。無料訪問見積

プロの技術で原状回復!!特殊清掃

ゴミ屋敷でお困りの方へ

粗大ごみの回収なら新日本撤去の「お部屋片付け隊」

  • HOME
  • 出来ること、出来ないこと

どんなことが出来るのか

弊社スタッフ一同は亡くなられた方に対しまして生前以上に尊敬の念を持ち、
敬意を払い粛々と業務に専念致します。

一般的な個人のお荷物の整理から、自殺現場、遺体発見現場、腐乱死体のあった部屋など、普通では手を付けられないようなお部屋のクリーニングや原状回復作業など安心してお任せいただけます。どうにもならないお部屋でも壁紙やフローリングの張り替え工事などあらゆる手を尽くして元のお部屋に戻すよう努めます。

遺体が発見されてどうにもならなくなってしまったようなお部屋も、弊社スタッフは礼節をわきまえ丁寧に故人をしのび清掃致します。身寄りのない方が亡くなってしまった際のお部屋の解決も承っております。

各自治体、大家様、管理会社様、葬祭業者様、法定代理人様からのご依頼もお受けしております。
年中無休で毎日無料にて訪問見積りを行っております。お気軽にご相談ください。

遺品や不用品の回収・処分

屋内に残された個人の荷物や家財、もう不要になったものを回収、処分のお手伝いをいたします。家財や家電、家具、食器、衣類、布団、様々な物を当社でお引き取りしリサイクル致します。不用品のお引き取りは有料になります。

遺品やお荷物の梱包と配送

亡くなった方の荷物をすべて処分してしまうのはもったいない。まだ使えるもの、思い出の品、他で需要のあるもの、お任せください。お客様ご指定の場所へ梱包し配送します。

孤独死されてしまった方のお部屋の片付け

お部屋で孤独死されてしまい身寄りもなく誰が片付けるのか?といった大家様、不動産管理業者様、自治体様、よりのご相談もお受けしております。より安く死体で駄目になってしまったお部屋の清掃消毒リフォームまで一括してお任せください。

腐乱死体が発見されたお部屋のお掃除

バスタブで練炭自殺してしまった、病気で畳の上で死んでしまった。首つり自殺が発見された。など、素人では手の施しようのないようになってしまったお部屋でもお任せ下さい。当社特殊清掃チームが出動します。強力消毒システムでお部屋の消毒から清掃、原状回復まで一括してお任せいただけます。

故人の方が残したお部屋の片付け

亡くなった方のお部屋を片付けるという事は残された方にとっては非常に心に負担のかかるものです。何か月も何年もかけてゆっくり 片付ける方もいらっしゃいます。
家賃が発生してしまうという事ですぐにでも片付けたいとおっしゃる方もいらっしゃいます。弊社ではお客様のペースに合わせて遺品の整理と片付をお手伝いたします。

故人のお部屋がゴミ屋敷

お亡くなりになられた方のお部屋がゴミ屋敷になっていたなんてことも大丈夫でございます。ゴミ屋敷解決専門部隊にてお部屋の大掃除とゴミの撤去を迅速かつ安価にご提供いたします。

動物飼育の部屋の解決

猫や犬を大量に飼育することによって臭いがついてしまって駄目になってしまった部屋の解決もお任せください。酸性薬剤とオゾンシステムの併用により効率よく臭いを取り、汚れてしまった部分を交換し元のお部屋に戻せるよう努めます。

庭木の伐採・草むしり

お亡くなりになられた方の住居の庭木の伐採や草むしりや住宅メンテナンスも当社リフォーム班にて行いますのでお任せください。

遺品の買い取り

古物商バイヤーがおりますので、良品の買い取りも行っております。直接古物オークションへ出品いたしますので、より強力な高価買取を実現致します。

店舗の什器や器具などの撤去や配送

店舗や事務所を経営されていた方のお荷物の処分や配送もお任せください。重量物の搬出や機械の解体作業も可能でございます。

その他できること

・遺品の供養
・遺された家財を片付けなければならない
・車が入れなくても・階段が多くても・搬出距離が長くてもOK
・ゴミ屋敷の解決
・お部屋の清掃
・お部屋の除菌・消臭
・お部屋の原状回復工事

ページのトップへ

どんなことが出来ないのか

出来ない事は無いと言いたいのですが、企業としてコンプライアンスを守り法令を遵守するため、
トラブル 防止の為に事前にしっかり確認させていただく事もございます。

権利者に無断での作業

ご依頼人とお住みになっていた方との関係を確認させていただく場合がございます。たとえ、痴呆になってしまっている方でもご本人様の反対の意思がありますれば家財整理は行えません。

作業の目的が不明確である

ご依頼いただく作業の目標と期日とご費用を事前にご相談し、ご了解いただいた作業のみ着手しております。

他のご遺族の方との意見の食い違い

船頭多くして船山に登るとも言いますが、お伺いした時に身内の方でも意見が割れていたり、誰のお話を聞けばいいのかわからないことが多々あります。ご依頼の際には代表者をご専任いただきましてその方よりご連絡をお願いいたしております。

同居人がいるなどの複雑な人間関係

一緒にお住まいになられている方すべての同意がなければ住居への立ち入りはできません。

医療廃棄物の処分

お亡くなりになった方が使われていた注射針などは医療廃棄物になりますので当社ではお引き取りできません。かかりつけの医療機関へご相談をお願いします。

ペットの処分

非常に多い相談でございますが、魚、虫、小動物含め生きている動物を引き取ることは出来ません。
(亡くなっている動物の遺体の供養は行います)

ページのトップへ